診療時間
09:00 ~ 12:30//
14:30 ~ 18:30//
  • 休診日:日曜・祝日

ご予約・お問い合わせ

022-278-8344

バス「桜ケ丘ロータリー」から徒歩1分

24時間WEB予約
キービジュアル

デンタルローンの利用可能

目立ちにくい装置で、早く治療を終えられる
新しい「ワイヤー矯正

  • 「セラミックブラケット/ホワイトワイヤー」で審美性の向上
  • 「光加速装置」「アンカースクリュー」で治療期間を短縮
  • 「ハイブリッド矯正」にも対応可能

「目立ちにくワイヤー矯正」、始めませんか?

画像

ワイヤー矯正は幅広いケースに対応できるというメリットがある一方、装置がギラギラして目立つというデメリットがある治療法でした。しかし、現在では見た目に配慮したさまざまな矯正装置が発明されております。

当院でも自然な歯の色に近い「セラミックブラケット」と「ホワイトワイヤー」を使用することで、治療中の審美性にこだわっています。それぞれご紹介します。

自然な歯の色に近い「セラミックブラケット」

画像

ブラケット」は歯の表面に着用する装置です。ブラケットにワイヤーを通し、歯に力を加えることで、歯を適切な位置へ動かしていきます。

以前は金属のブラケットを使用していたため、見た目が目立っていましたが、当院では、自然な歯の色に近い「セラミックブラケット」を使用しています。セラミックは歯の色に近い素材のため、お口を大きく開けても矯正装置をつけていることが目立ちにくいという特徴があります。また、その他にも次のような特徴もあります。

●汚れや変色に強い
●金属アレルギーの心配がない

ギラギラしない「ホワイトワイヤー」を使用

画像

従来の矯正治療では、銀色のワイヤーを使用していたため、お口を開けた際にワイヤーが目立つことがありました。当院では、ホワイトワイヤーを使用することで、装置を目立ちにくくしています。

そのため、接客業など人前に立つ機会が多い方でも、安心して治療を受けられます。

コラム「ハイブリッド矯正」にも対応しています!

画像

「ハイブリッド矯正」とは、ワイヤー矯正とマウスピース矯正を組み合わせた治療法です。この方法では、最初にワイヤー矯正で歯を動かし、その後マウスピース型装置を用いて微調整を行います。

ワイヤー矯正の「歯を大きく動かせる」というメリットと、「マウスピース矯正」の細かい調整に優れるというメリットを合わせた治療法のため、治療期間を短縮できます。

また、治療の後半にはマウスピース型矯正装置を使用できるというメリットもあります。

  • 画像
  • 画像

治療期間を短縮するための「取り組み」

画像
画像

「できるだけ早く治療を終えたい・・・」

これは多くの患者さんに共通する考えだと思います。桜ヶ丘歯科・矯正歯科では、治療期間を短縮するために下記の取り組みを行っています。

「光加速装置(オルソパルス)」の使用
「インプラントアンカー」の利用
「CDS分析」による精密な治療計画

それぞれご紹介します。

「光加速装置(オルソパルス)」の使用

画像

オルソパルスは赤外線を歯周組織に照射し、血流を促進し細胞の活性化を図ることで、歯が動くスピードを速める装置です。

矯正治療は、歯茎の内部にある「歯槽骨(しそうこつ)」とその間にある「歯根膜(しこんまく)」に力が伝わることで歯を動かします。この時、歯が動く方向の歯根膜は骨を溶かす細胞(吸収)を、反対側の歯根膜は骨を再生する細胞をそれぞれ作ります。細胞が活性化されることにより、吸収と再生のスピードが上がり、結果的に治療期間の短縮へと繋がっていきます。

「インプラントアンカー」の利用

インプラントアンカー」は矯正用インプラントやミニインプラントとも呼ばれ、顎の骨に一時的に固定し、矯正装置の固定源として利用されます。

インプラントアンカーの最大のメリットは「特定の歯」に力を加えることができるため、他の歯が動く心配がなく、治療期間を短縮できる点にあります。当院では、「スクリュータイプ」と「プレートタイプ」を使い分けています。

スクリュータイプ

画像

スクリュータイプは歯と歯の間に局所麻酔をして埋入します。多くの歯科医院で利用されており、痛みが少なく、埋入も数分で終えられます。

プレートタイプ

画像

プレートタイプも局所麻酔を使用して埋入します。歯間ではなく、顎の骨に固定するため、インプラントタイプよりも埋入に時間がかかりますが、大きく歯を動かすことができます。

また、スクリュータイプと比べてさまざまな場所に埋入でき、脱離するリスクもありません。このスクリュータイプを使用している歯科医院はそれほど多くありません。当院ではプレートタイプも活用し、治療精度の向上に努めています。

診査・診断で明確なゴールを設定

画像

治療期間の短縮は、治療そのものだけではなく、事前の診査診断も影響します。

桜ヶ丘歯科・矯正歯科では、精密検査の実施、分析を通して、再現性の高い治療をご提供しています。ここでは、そのために当院が行っている代表的な検査方法をご紹介します。

CT

画像

立体的な撮影ができる装置です。一般的な二次元レントゲンでは確認できない歯の根の位置向き神経の位置なども詳細に把握することができます。矯正治療は歯だけではなく、歯と顎やお顔全体のバランスも含めて考える必要があるため、CT検査は非常に有効です。

iTero(アイテロ)

画像

iTero(アイテロ)は歯型を採取するための3D光学スキャンです。従来ですと、印象材と呼ばれる粘土のようなものを使用して歯型を採っていたのですが、iTeroはお口の中をスキャニングするだけで歯型を採ることができるため、嘔吐反射が強い方でも安心です。

また採取したデータは、その場でモニターに映して患者さんに確認していただけます。

「Nemoシステム」の活用

画像

Nemoシステム」はシミュレーションソフトの一種です。iTeroで採取したデータをコンピューター上で処理することで、治療後の歯並びをあらかじめ確認することができます。

Nemoシステムの大きな特徴は歯冠(歯肉から出ている)歯根(歯肉に埋まっている部分)も同時にシミュレーションできる点にあります。

歯(特に歯根)は骨の中でしか移動できないため、歯冠だけではなく歯根まで確認することで、より具体的な治療計画を立案できます。

CDS分析

画像

CDS分析とは、東北大学で作られた日本人の理想的な歯並びのプロポーションを示す図のことです。この図と患者さんのレントゲン写真を重ね合わせることで、患者さん自身の特徴や矯正の目標が直観的にわかります。

当院では、この分析方法を採用し、患者さんの現状のお口の状態と理想とされるお口の状態の「」を出します。

虫歯・歯周病の治療もお任せください

画像

一般的に矯正治療を専門に行っている歯科医院は矯正治療しか行いません。そのため、治療前や治療中に虫歯や歯周病になると、別の歯科医院で治療を受ける必要があります。

しかし、当院は総合歯科医院ですので、治療前、治療中の虫歯、歯周病の治療はもちろん、予防にもしっかり対応しております。

「矯正専門医院」と「総合歯科医院」について簡単に比較をしてみましたので、ぜひ、ご覧ください。

専門性

抜歯

虫歯/歯周病治療

1つの医院で完結

矯正「専門」医院

×

×

×

「総合」歯科医院

〇or△

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

〒981-0961
宮城県仙台市青葉区桜ケ丘6丁目1-2

「桜ケ丘ロータリー」から徒歩1

駐車場4台完備

022-278-8344

24時間WEB予約

このページの先頭に戻る