PREVENTION

予防歯科について

当院では、歯の痛み、歯茎の腫れ等に対して一般的な歯科治療を行うだけではなく、それらの原因を考察し、同じ問題の再発防止に繋がるよう心掛けております。治療を開始する段階から予防を意識することで、根本的な問題の解決に繋げることがでると考えます。

予防歯科の重要性

今までは、むし歯や歯周病で歯が痛くなってから歯医者さんに行き、それから治療を行うという流れが多かったと思います。しかしそれだと、だんだんと大切なご自身の歯を失うこととなってしまいます。虫歯部分を削って詰めて、また虫歯になって削って詰めて…を繰り返してしまうと、最終的にはご自身の天然な歯がなくなっていってしまいます。これからの歯科治療は、虫歯や歯周病で悪くなった部分を治療するのではなく、健康な歯を長く残すことができるかが重要なことだと考えられています。それが「予防歯科」という考えです。当院では、患者様ごとに予防歯科プログラムを行い、痛みもなく、心地いいとご好評を頂いております。予防歯科とは未来に繋がる「究極の無痛治療」ともいえます。

PMTCとは?

PMTC:【Professional Mechanical Tooth Cleaning】の略日本語に直訳すると「歯科衛生士が行うお口のクリーニング」ということとなります。当院では、虫歯や歯周病予防の為、PMTCに力を入れております。実際にPMTCを経験されると歯医者のイメージの痛いというものではなく、心地良いと感じられる患者様がほとんどです。


PMTCで得られる効果

虫歯予防

お口の中の細菌を減少させ、プラークの再付着を防ぎます。

歯周病の改善

お口の中の歯周病菌を減少させ、歯周炎の症状を軽減します。

口臭予防

お口の中にいる菌の減少により、口臭も軽減します。

審美性の向上

着色を除去し、光沢のある歯の表面を回復します。

歯質の強化

フッ素入りの研磨ペーストを
用いることで歯の再石灰化を促進し、歯質を強化します。

予防歯科の付随的効果

歯科医院での予防処置では主に歯石・歯垢を除去するのですが、この処置をすることで「本来の歯の白さが蘇る!」という患者様に嬉しい付随的効果があります。 これは歯石などを除去するとともに、ヤニ汚れ、茶渋などの着色汚れも一緒に除去できるためです。つまり、定期的(2~3カ月に1回)にクリーニングに通う事で、むし歯・歯周病予防にもなりますし、歯の白さを維持でき一挙両得という事です。
           

定期検診でしっかり予防を行いましょう

今や歯科医療の主流は、「治療」から「予防」になってきています。 悪くなってしまったところを治療するのはもちろん大切なのですが、それだけでは「悪くなっては治療し、また悪くなっては治療し」の繰り返しになってしまい、健康な歯がどんどん少なくなってしまいます。大切なのは「これ以上歯を傷つけない健康な口腔環境をつくること」なのです。現在痛みを感じている方はもちろん、そうでない方も定期的にチェックしに来ていただくことをオススメしております。「期間の目安」定期健診は、4~6か月に一回を目安にご来院ください。